忍者ブログ

KAMA-TOTO'S WEBLOG

炭酸錐のオリジナルキャラクターイラストの掲載と制作進行状況の報告が中心のブログです。 ※KAMA-TOTO【かまとと】から改名しました※

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

2013年6月ノルマ達成

※オリジナル記事:2013年06月25日06時33分22秒投稿
※2014年5月6日改訂

 
こんなところに火星人 | KAMA-TOTO [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=36625305

続きは日がくれてから…とかいってたら夜が明けましたよ。
8時間ぐらいぶっとおしで塗ってたかな?
とりあえず完成&投稿です。

レトロフューチャーというコンセプトで描き始めてからキャプションの中に毎回書いていた火星人を絵にしてみました。シュチュエーション的には…こういうのは見る人それぞれにゆだねたいのですが…描き手自身は、時間軸的には地球VS火星の戦争後に「団地の階段で火星人とバッタリ出会った」人の目線で描きました。なんでこの火星人は団地の階段にへたり込んでるんでしょうね?迷い込んだのか?はたまた引っ越してきたのか?そして目線の人は彼女にどんな感情をいだいたのでしょう…敵意?はたまた恋愛感情?見る人にゆだねたいとか言いつつ色々書いちゃいましたが、皆さんで自由に想像してみてくださいませ。(pixivキャプションより抜粋)



結局使わなかった背景の全貌も載せておきましょうかね。
この妙な建物の真ん中あたりが今回のイラストの舞台ですね…でも、階段しか使わないなら、ここまで作る必要なかったですね…時間がモッタイ無ぇ!



Amazonで買ったバーゲンブック『図説 異星人』の最初の方でウェルズの宇宙戦争に出てくる火星人のイメージが列挙されてるんですか、それ読んで「火星人の外見ってタコじゃなくてロリ美少女でもいいんじゃないか?」という曲解をクロッキー帳にスケッチしたのが今回のイラストの基だったりします。

さて…ノルマ達成ということは、もう6月もおしまいですよ、今年も半分ですよ。
この半年…実りのない半年だったなぁ相変わらず…ダメだなぁ。
残り半年は実りのあるものにしたいです、ハイ。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
炭酸錐
性別:
男性

[pixiv]