忍者ブログ

KAMA-TOTO'S WEBLOG

炭酸錐のオリジナルキャラクターイラストの掲載と制作進行状況の報告が中心のブログです。 ※KAMA-TOTO【かまとと】から改名しました※

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の一枚



中腰にかまえた少年。

中腰…難しい。

人によっては「かなり腰の悪いオヂイチャン」にしか見えないかもしれない…精進せねば。
PR

無題

スヌーピー、お誕生日オメデトウ!

今日はスヌーピーの誕生日を記念して、カートゥーン ネットワークにてピーナッツのOVA『happiness is:スヌーピーと幸せのブランケット』を放送していたので観る。

物凄く惹き付けられた上に気まぐれに録画していたので、放送終了直後に英語版で二周目を観たぐらい。

なぜこの作品にそんなに惹かれたのか?

まずデジタル彩色でありながら原作のカラーイラストがそのまま映像化されたかのようなアナログな味わいを持った色合い。

旧作をリスペクト、ものによっては旧作の旋律を引用したジャズ劇伴。

そして動き…こういう単調な絵の原作だと、中割をコンピューターにまかせてヌルヌルかカクカク動くアニメにしてしまいがちだが、この作品では、その辺を“サボらず”やってくれているので、キャラクターが生き生きしている。

吹替えについては、ライナス役に成海璃子さんを起用するという“客寄せパンダ”をやっているのだが、偶然か演出か、他の声優さん方が棒読み寄りの演技をされているので、声の仕事をメインとしていない役者特有の浮いた感じがライナスから感じられないという奇跡?がおこっている。

本編で使用している数々のネタは、ピーナッツファンからすればマンネリな物がほとんどであるが、ルシールがスローモーションでベートーベンを叩き壊すなど、見せ方を工夫しているところに好感が持てた。

難点をあげるとすれば、本編では従来どおり“毛布”なのに邦題でブランケットとしてしまっている事と、ペパーミントパティとマーシーが登場しないことぐらい…というか、それだけ。

99.5点のアニメだと思う。

明日の夜に再放送があるので、観られる方は是非。

ラクガキとランキングの話

本日の夕方から参加しないと公言していたブログ村のランキングに結局参加しました。

だってブログ村入ったけどブログ村からのアクセス皆無なんだもの。

だったらやめるって手もあったんですが、せっかくだからランキングに挑戦して、それでもダメならやめるのも一興かなと。

本日の落描き(座っている女の子練習)とともに御報告ということで。



100hit突破御礼(画像と本文は関係ありません)

思うところあって開設当初の記事を削除してしまっていますが、このブログ、立ち上げから約2ヶ月になります。

そして、やっとというか、ついにというか、カウンターが100hitを超えました。

つたない絵と文しかない当ブログのようなところへわざわざ訪問してくださった皆様のおかげです。

ありがとうございます。

そしてこれからもよろしくお願いします。

本日から管理人宛にメッセージを送信できるフォームを設置いたしました。

当ブログだけでなく、KAMA-TOTOの創作活動に対するご意見ご感想など遠慮なくお送りくださいませ。

普通、100hit記念イラストとか描くべきなのでしょうが、代わりに今日描いた落描きを載せておきます。





「脱力系お姉さんが実はやり手の変身ヒロインだったらカッコいいんじゃないか?」という妄想の形。

プロフィール

HN:
炭酸錐
性別:
男性

[pixiv]